» 未分類のブログ記事

配偶者の浮気問題は年々増加しているそうです。
携帯電話などの普及によって、簡単に不貞相手と連絡を取れる様になった事も造花の要因の一つです。
最近では女性の社会進出に伴って、妻の不貞も増加傾向にあるそうです。
しかし、依然として夫の浮気問題の方が多いでしょう。

夫の不貞が妻にバレる原因の大きな一つが携帯電話です。
メールなどの履歴、電話の着信履歴などからバレてしまうケースが多いそうです。
一度夫の浮気を見つけてしまうと妻は何から何まで怪しく感じてしまいます。
しかし、いくら取り調べをしても安心出来ないものです。

離婚を考えているなら、証拠はいくらでも見つけて保存して置いた方が良いしょう。
しかし、離婚をしたくないなら携帯を見たりする事は止めましょう。
少しでも怪しいと思うと責めたり、罵ったりしてしまいます。
その結果、仲が悪くなり、離婚となってしまうケースも多いのです。

離婚を考えていないなら、何も見ずに知らないフリをし、仲良く暮らすのが一番です。
男性はしつこくされると嫌気がさし易いものです。
本当に不貞行為をしていないのに、しつこく追及されるとイヤになってしまいます。
怪しいと思っても、男性を責めない様に上手に不貞行為を止めさせましょう。

共に長く生活をしていると、どうしても緊張感がなくなってきて、最初の頃のような新鮮味が失われてしまうものです。
ですが、そういったものは個人の努力でいくらでも改善できることなのです。

夫婦のすれ違いの原因に、妻に対して「女性としての魅力を感じなくなった」と述べる夫は少なくありません。
育児などに追われ、身の回りのことに時間をかける余裕が少なくなってしまったとしても、ある程度の緊張感を持ち、最小限の身だしなみには気をつけたいものですよね。

そんな努力を怠ってしまった、緊張感ゼロでだらしないの妻の特徴とはどのようなものなのでしょうか。
まず、基本的にノーメークという方が多く、1日中寝間着姿という方も少なくありません。
朝夫を見送ったままの姿で過ごし、夫が帰宅する際も同じ姿で出迎えるというパターンをよく耳にします。

1日働いて帰宅した夫にとって、それは非常に幻滅する行為ということを、本人は気づいていません。
夫のほうからそれとなく要望を伝えていくようにしたいですね。
取り返しのつかない溝が広がり切る前に、洋服や化粧品をプレゼントしたり、休日に美容院に行く時間を作ってあげるなど、夫側の努力も必要だといえるのです。

一時期流行した「断捨利」は整頓術としての効果だけでなく、精神論的な効果もあり人気となりました。捨てることによって人生が明るくなった、前向きになれたなどという評判が話題となったものです。

確かに不要なものがなく部屋の中がいつも快適に保たれているというのは決して悪いことではありません。しかしながら注意したいのが、断捨離することに依存してしまう、というケースです。依存しやすい人が陥りやすいケースとして、断捨離することによってすっきりとしたという経験が、物事が上手くいかないときは断捨離すれば上手くいくというような思考に陥りがちだからです。

人間には物を収集することによって得られる快感が存在します。この収集こそがコレクションともいわれるものであり、他人にとってはガラクタのようであっても本人にとっては重要な意味や価値をもっているというものです。この傾向は特に男性によくみられるといえます。しかしながら捨てたがりの妻にとっては、そのコレクションはまさに不要なものであり、処分の対象となってしまうのです。

捨てるということは単純な行為かもしれませんが、をれを行った人に対しては「自分の趣味嗜好を理解してくれない、阻害する人」というマイナスな感情が生まれてきてしまいます。このため度がすぎてしまうと性格の不一致に結びついてしまう可能性が捨てきれません。

依存症な妻にありがちなことですが、実家依存、夫依存がとても強いことがあります。実家に依存する場合はいつまでも親離れできずに、何か困ったことがあると、すぐに親に頼ってしまいます。夫に相談をすることなく、家庭内の問題もすべて親に任せてしまうのです。

また、夫依存がある妻の場合は、何もかも夫に任せてしまい、自分では何処に何があるのかわからなかったり、家計も管理出来なかったりします。このような依存症の妻の場合、子離れも出来ないことが多いので、注意が必要です。

誰かに頼っていなければ生きていくことが出来ないので、子供が大きくなると、子供に面倒を見てほしい、子供が家から出ていくのが嫌だと言うようになります。また、依存症の妻は、何かを誰かにしてもらうことが当然だと思っているので、まったく礼は言いませんし、感謝もしません。

また、少しでも相手がミスをしたり、望んだことを望んだとおりにしてもらえなかった場合は、激しく罵ったり、文句を言ったりします。そのため、夫や周囲の人は疲れてしまいます。大切な人のために何かするという喜びを知らないのです。

愛されることばかりを求めている子供なのです。結婚は支えあっていくものである以上、このような妻は結婚には不向きであるため、離婚を考えた方がよいでしょう。

浪費癖のある妻はNG

| 未分類 |

近頃では、綺麗な女性が増えました。
その理由としては、外見に気を使う女性が多くなったことや、手軽に整形手術などが受けられるようになったことも関係しているようです。

例を挙げれば、二重瞼の手術でも、三万ほどで出来ますので、学生でもアルバイト代で手術を受けることが出来ます。
また、アイプチやシールなどを貼っても、すぐに二重瞼になることが可能ですので、外出する時などにはとても便利です。

このように、外見を変えることも簡単ですので、付き合っている男性でも彼女の本当の顔を知らないということもあるようです。
女性の中には、自分が美人になったことで、プライドが高くなり、つまらない男なら付き合わないという人もいます。

いわゆる高嶺の花ですが、高級なものばかり選び、金銭感覚が麻痺してしまい、浪費癖が抜けないという問題を抱えている女性も少なくありません。

このような女性と結婚してしまうと、夫も苦労することになります。
経済観念があまり無いので、お金に糸目をつけず、何でも購入してしまったり、自分磨きのためにエステや美容室、ジムなどに頻繁に通い、中には家事を一切しないという妻もいるようです。

夫がそれで納得するのなら良いですが、やはり不満は出てきてしまうことが多いようです。
外見重視も良いですが、何年も一緒に暮らすのですから、価値観が同じような人を選ぶことが大事です

夫に対して、結婚当初に比べて感情が冷めてしまう女性は珍しくありません。その多くの理由は子供のこと、つまり育児が原因だったりするのですが、中には特殊な例もあります。それは、妻が仕事人間で、しかも優秀でプライドが高い場合の事です。

なぜ、妻が優秀であったら夫に対して無関心になるのかですが、それは育児を一人でもある程度こなせてしまう事にあります。育児では本来、父親の役割は非常に重要であり、両方の親が居て子供は始めて立派に育つとされていますが、一人で出来てしまうので、夫に頼らずに自分でもできるというやりがいを見つけてしまいがちになります。

一人で出来るだけであれば夫にも構うことが出来るのですが、育児はそれほど余裕のあることではないため、どうしても夫が御座なりとなりかねないのです。しかも、この問題が起きた時は、夫もある程度理解を示そうとするため、余計妻が夫を放置してしまうことで、後々に深刻化しやすいという事、さらに子供の父親離れなどの素養を作ってしまうということなど、様々な問題をはらんでおり、最悪の場合、離婚などの危機にも繋がります。

このような場合どうすればよいかですが、しっかりと夫の活躍できる場面を家庭で与えること、父親の役割を意識して、育児に参加するように決めておくことが大切です。仲の良い間である、出産以前からある程度決めておくことが重要だといえるでしょう。

グチが多い妻への不満

| 未分類 |

グチが多い妻への不満を抱えている夫は、数多くいるはずです。とくに、プライドの高いキャリアウーマンである場合はとても大変です。

仕事や親族に対しての愚痴、悪口などを聞かされることになるため、とても憂鬱な気持ちになってしまうでしょう。愚痴や悪口などは聞いていて、気持ちがよいものではありません。しかし、本人はそれらを口にすることで、ストレス発散をしているのです。

プライドが高いだけに他では口にすることが出来ないことを話し、ストレスを発散します。それは本人にとって必要な事かもしれませんが、良い家庭環境とはいえないでしょう。悪口や愚痴ばかり言っている人は自分を改めよう、変えようという意志がないため、いつまでも生活が改善されません。

また、幸せにもなることが出来ないのです。幸せのラインがとても高いためです。そのため、いつまでも愚痴を言い続けることになってしまいます。このような人と結婚してしまった場合、離婚を考えた方がよいのかもしれません。

家庭がくつろぐことの出来ない、息苦しい場所である場合、離婚した方が人生が開ける場合が多いためです。しかし、もしも妻側に改善したいという意志があるのなら、少し待ってみるようにしましょう。待ってみて全く改善されない場合は離婚した方がよいのかもしれません。

近頃では、夫婦共働きの家庭が増えています。
そのためか、育児や家事、仕事に忙しい女性が多くなり、何も手伝わない夫に対して不満を持つこともあるようです。

また、随分と景気が回復してきたとはいえ、まだまだ世の中は不況ですので、中には妻にはずっと働いて欲しいと希望する男性も多く、結婚相談所にもそのような相手を探す人もいます。
しかし、相手に望んでばかりいては、やはり結婚生活を送るのは難しいこともあります。
妻が働く場合には、夫も育児などを手伝ったりする必要があります。

他にも、家庭に入ったのは良いが、全く家庭の仕事をしない妻も中にはいるようです。
仕事などで食事が手抜きになってしまうのは仕方ないことでもあり、お惣菜を使用しても夫は納得しなければいけませんが、妻が働いておらず、スポーツジムに通ったり、自分の趣味には忙しく、家庭のことを手抜きにしている場合には、離婚の理由の一つにもなります。

夫としても、仕事で疲れて帰って来て、育児などの家庭のことを全てしないといけないのは、かなり身体的にも負担が大きく、専業主婦がいる意味が無くなります。

専業主婦を選択したのであれば、きちんと育児などをこなし、夫が安心して帰ってくることが出来るような家庭を作りましょう。

近頃では、キャリアウーマンの女性が増えています。
女性の社会進出が進み、管理職などの要職に就く人も少なくありません。
そういう女性の場合には、別に家庭を持たなくても良いという人や、結婚しても夫には家事を手伝って欲しいと希望する女性もいるようです。

しかし、自立して自分の充実した時間を持つこともあり、そのような時間を削るのが嫌だという女性の場合には、相手の男性に専業主夫を望む特殊なケースもあります。
そのような妻の場合には、仕事にも自信があり、何かあれば一人でも生きていけるという自立した女性が多いので、夫が妻を立てる必要があります。

仕事で疲れている妻を気遣い、きちんと三食バランスの良い食事を作り、掃除や洗濯、子供の面倒をみるなどの家庭の仕事をきちんとこなさないといけません。
それに、夫婦共働きを希望する夫の場合にも、専業主夫よりは負担は少ないですが、やはり家事や育児の分担は必要です。

仕事はして欲しいが、家事や育児は手伝わないという場合には、すぐに離婚に至ることもありますので、お互いに結婚前によく話し合いをして、家事の分担などを決めておきましょう。
また、プライドが高い女性は、仕事も自分の人生の一つですので、尊重することが大事です。

夫婦喧嘩をしても、すぐに仕事を辞めてしまえと言うのではなく、相手の気持ちも考えてあげるようにしましょう。
夫は仕事だけしていれば良いという考えは、持たないほうが良いかもしれません。