共に長く生活をしていると、どうしても緊張感がなくなってきて、最初の頃のような新鮮味が失われてしまうものです。
ですが、そういったものは個人の努力でいくらでも改善できることなのです。

夫婦のすれ違いの原因に、妻に対して「女性としての魅力を感じなくなった」と述べる夫は少なくありません。
育児などに追われ、身の回りのことに時間をかける余裕が少なくなってしまったとしても、ある程度の緊張感を持ち、最小限の身だしなみには気をつけたいものですよね。

そんな努力を怠ってしまった、緊張感ゼロでだらしないの妻の特徴とはどのようなものなのでしょうか。
まず、基本的にノーメークという方が多く、1日中寝間着姿という方も少なくありません。
朝夫を見送ったままの姿で過ごし、夫が帰宅する際も同じ姿で出迎えるというパターンをよく耳にします。

1日働いて帰宅した夫にとって、それは非常に幻滅する行為ということを、本人は気づいていません。
夫のほうからそれとなく要望を伝えていくようにしたいですね。
取り返しのつかない溝が広がり切る前に、洋服や化粧品をプレゼントしたり、休日に美容院に行く時間を作ってあげるなど、夫側の努力も必要だといえるのです。