近頃では、キャリアウーマンの女性が増えています。
女性の社会進出が進み、管理職などの要職に就く人も少なくありません。
そういう女性の場合には、別に家庭を持たなくても良いという人や、結婚しても夫には家事を手伝って欲しいと希望する女性もいるようです。

しかし、自立して自分の充実した時間を持つこともあり、そのような時間を削るのが嫌だという女性の場合には、相手の男性に専業主夫を望む特殊なケースもあります。
そのような妻の場合には、仕事にも自信があり、何かあれば一人でも生きていけるという自立した女性が多いので、夫が妻を立てる必要があります。

仕事で疲れている妻を気遣い、きちんと三食バランスの良い食事を作り、掃除や洗濯、子供の面倒をみるなどの家庭の仕事をきちんとこなさないといけません。
それに、夫婦共働きを希望する夫の場合にも、専業主夫よりは負担は少ないですが、やはり家事や育児の分担は必要です。

仕事はして欲しいが、家事や育児は手伝わないという場合には、すぐに離婚に至ることもありますので、お互いに結婚前によく話し合いをして、家事の分担などを決めておきましょう。
また、プライドが高い女性は、仕事も自分の人生の一つですので、尊重することが大事です。

夫婦喧嘩をしても、すぐに仕事を辞めてしまえと言うのではなく、相手の気持ちも考えてあげるようにしましょう。
夫は仕事だけしていれば良いという考えは、持たないほうが良いかもしれません。