近頃では、夫婦共働きの家庭が増えています。
そのためか、育児や家事、仕事に忙しい女性が多くなり、何も手伝わない夫に対して不満を持つこともあるようです。

また、随分と景気が回復してきたとはいえ、まだまだ世の中は不況ですので、中には妻にはずっと働いて欲しいと希望する男性も多く、結婚相談所にもそのような相手を探す人もいます。
しかし、相手に望んでばかりいては、やはり結婚生活を送るのは難しいこともあります。
妻が働く場合には、夫も育児などを手伝ったりする必要があります。

他にも、家庭に入ったのは良いが、全く家庭の仕事をしない妻も中にはいるようです。
仕事などで食事が手抜きになってしまうのは仕方ないことでもあり、お惣菜を使用しても夫は納得しなければいけませんが、妻が働いておらず、スポーツジムに通ったり、自分の趣味には忙しく、家庭のことを手抜きにしている場合には、離婚の理由の一つにもなります。

夫としても、仕事で疲れて帰って来て、育児などの家庭のことを全てしないといけないのは、かなり身体的にも負担が大きく、専業主婦がいる意味が無くなります。

専業主婦を選択したのであれば、きちんと育児などをこなし、夫が安心して帰ってくることが出来るような家庭を作りましょう。